コロラド州で最高のドッグパーク(スティームボートスプリングス、ベアクリークなど)

コロラド州で最高のドッグパーク(スティームボートスプリングス、ベアクリークなど)

コロラド アメリカ西部の砂漠州であるセンテニアル州は、その壮大な景色、乾燥した砂漠、古代の川の峡谷、険しい山脈で世界的に知られています。

コロラドで休暇を取る予定がある場合は、 ロッキーマウンテン国立公園 ロッキー山脈の雪をかぶった山々の素晴らしい景色を眺めることができます。の先祖プエブロアンの崖の住居に吹き飛ばされる準備をする メサヴェルデ国立公園。完全なコントラストについては、チェックアウト デンバーのダウンタウン その明るい光と活気のある社交シーンで。



コロラド州の住民は大規模な犬好きです。休暇中に犬を連れて行くつもりである場合や、ここに引っ越すことを考えている場合は、これは素晴らしいニュースです。による アメリカンケネルクラブ、ラブラドールレトリバーはコロラダンの 好きな品種 犬の仲間の。州には公式の州犬はありませんが、2013年にコロラド州は指定された州のペットとしてレスキュー猫と犬をリストアップしたので、愛犬家としてあなたは仲良くなりますよ!

このガイドでは、忠実な4本足の友達をコロラドに連れて行く場合に、法律の正しい面を守るために知っておくべきことを説明します。また、この多様な州が提供する不思議を両方楽しむことができるように、フィドを歩くことができる場所を知る必要があります。

ライセンス

6か月以上のすべての犬(および猫)は、居住している郡から発行された免許を持っている必要があります。ライセンスは1年間有効で、更新が必要です。



認可された獣医師が狂犬病の予防接種を受けている必要があります。予防接種を受けたら、犬は予防接種情報が記載されたタグが付いた首輪を着用する必要があります。ペットを扱う獣医からタグが与えられます。

あなたはコロラドで予防接種と犬の認可に関する詳細情報を見つけることができます このリンクで



リーシュ法

指定された鎖外領域を除いて、外出中は常に犬を鎖に留めておく必要があります。ペットが脱出し、緩んでいることが判明した場合、地元の動物保護施設に連れて行かれ、罰金が科される可能性があります。

コロラド州への転居を計画している場合、犬による連続的な吠え声は公衆の迷惑と見なされていることを知っておく必要があります。したがって、Fidoが仕事中に1日中吠えることで一人でいることに不快感を表明した場合、被疑者を逮捕されたり、ペットが監禁されたりする可能性もあります。

ドッグパークの一般的なルール

個々のドッグパークを管理するルールは、パークの入り口に表示されます。以下は、コロラド州のリードを外したドッグパークに通常適用されるルールの概要です。

  1. すべての犬は、16歳以上のハンドラーと一緒にいる必要があります。
  2. 犬は、リーシュオフゾーン内に安全に入るまで、リーシュのままでいる必要があります。
  3. ハンドラーごとに3匹の犬のみが許可されます。
  4. 攻撃的な犬 マズルを着用する必要があります。
  5. あなたはあなたの犬を追いかけなければなりません。
  6. ドッグパークを使用するには、犬はワクチン接種を受けており、認可を受けており、繁殖状態ではない、つまり暑さがなければなりません。
  7. 犬が鎖を外した領域に入る前に、スパイクカラーとピンチカラーを外す必要があります。

犬が遊べるようにする前に、訪問する各公園の規則を常に注意深く読んでください。常にルールと法的ガイドラインがありますが、常に 基本的なドッグパークのエチケット 従うべき暗黙のガイドラインの詳細です。

私たちのお気に入り

それでは、コロラドで最も人気があり、設備の整った11のドッグパークを巡ってみましょう。また、静かな散歩が好みの日には、最高のリーシュオンパークとトレイルもいくつか含まれています。


リタバレンタインドッグパーク、スティームボートスプリングス

リタバレンタインドッグパークは、コロラド州スティームボートスプリングスにあります。ドッグパークはここにあります。リタバレンタインドッグパークは、この地域にいる子犬の飼い主には必見です。

風光明媚なリーシュドッグパークで、リンカーンアベニューのハイウェイ40からアクセスできます。子犬が他の犬と綱をつないで走り回っているときに、雄大な山の景色を眺めることができます。

唯一の大きな欠点は、フェンシングがないことです。そのため、犬がランナーの場合は、代わりにその地域の別の公園に行きたくなるでしょう。ただし、犬が走るための広いスペースがあるので、旅行をすることを選択した場合、犬をゆるめるための十分なスペースがあります。


チャットフィールド州立公園、リトルトン

毛皮で覆われた友人とコロラドに来たときに訪問するドッグパークのリストには、チャットフィールド州立公園が含まれている必要があります。あなたは公園に入るために適度な入場料を支払わなければなりません、そしてそれはあなたにその日のパスを買います。有効なパスを使用して、他の州立公園を訪れることもできます。

チャットフィールド州立公園があります(ここに)リトルトンの町にあり、あなたとあなたの犬が楽しむための70エーカーのオフリーシュエリアを提供しています。一部のエリアはリードのみになっていますが、犬は公園全体で許可されています。

ここには、アスファルトや砂利道が交差する小道や池、自然の草、砂地がたくさんあります。たくさんの犬用ゴミステーションがあり、糞袋が付いていますので、ぜひ活用してください。

公園のゲート付き入口にある2つの大きな駐車場は、訪問者の量に簡単に対応できます。また、所有者用のトイレが2つあり、年中無休です。噴水は犬と人が利用できます。


ローリードッグパーク、デンバー

ローリードッグパークは、ローリー空軍基地の近くのデンバーにあります(ここに)。駐車場からドッグパークまでは歩いてすぐなので、子犬が鎖をはずす場所に行く途中でデポジットをする場合に備えて、うんちバッグを持参する必要があります。

公園は2つのゾーンに分かれています。1つは活動的な高エネルギーの犬用で、もう1つは年をとった人やリラックスしたい人向けです。犬が遊び、社交するための十分なスペースがあり、小さな丘、岩、数本の木、およびいくつかの消火栓もあり、子犬は新しい友達とかくれんぼをすることができます。

残念ながら、ここには水はなく、日陰も少ないので、特に暑い日には、犬用の飲み物を持参してください。


ベアークリークドッグパーク、コロラドスプリングス

ベアクリークドッグパーク コロラドスプリングス(ここに)エルパソ郡。

この優れたオフリーシュドッグパークは25エーカーに及び、オープンプレーリー、森、丘、そして長いベアクリークが含まれています。公園には小さな犬や高齢犬を飼うための小さな隔離エリアがあります。

ドッグパークエリアの端に沿って歩ける歩道がいくつかあり、快適な散歩ができます。また、二次的な歩道もいくつかあります。犬は小川で遊んだり歩いたり、オープンエリアの1つでボールを追いかけてドライオフすることができます。チャレンジを楽しむ子犬や飼い主のための敏捷性トレーニングゾーンもあります。

犬と人々に水を提供し、犬用の洗面所もあります。公衆トイレが設置されており、犬の排泄所もたくさんあります。公園は夜明けから夕暮れまで毎日オープンしています。


チェリークリーク州立公園、オーロラ

チェリークリーク州立公園 位置しています (ここに)オーロラで。ここには、100エーカーを超えるリードリーシュの天国があり、あなたとあなたの犬が楽しむことができます。

公園を利用するには少額の入場料を支払う必要がありますが、犬はあなたに感謝します!公園のすぐ外を走る2.5マイルの小道など、探索するコースはたくさんあります。川は通常浅くて遅いので、子犬が水泳をしても安全です。そして、良いおしゃべりを楽しむ犬のために、日陰の少ないオープンスペースがたくさんあります。この地域のいくつかの公園とは異なり、ここにはガラガラヘビはありません。そのため、子犬は安全に嗅ぎ、探索することができます。

南の入り口に噴水がありますが、公園の反対側に駐車する場合、暖かい日には子犬のために水を持参する必要があります。使用できる公衆トイレがありますが、犬用のウンチバッグを用意する必要があります。

この公園は完全にフェンスで囲まれているわけではなく、犬が川を泳いで泳ぐことで逃げる可能性があることに注意してください。訪問する前に、厳格な声の管理下で子犬を確保してください。

チェリークリークパークの動画をご覧いただけます このリンクで


デュランゴドッグパーク(デュランゴ)

デュランゴドッグパーク ドゥランゴの町にあります(ここに)。

6平方マイルの公園は、デュランゴのダウンタウンにある製錬所の麓にあります。ここでは、犬がアニマス川で遊んだり、トレイルに沿ってハイキングしたりできます。うんちバッグと廃棄物ステーションが提供されます。

ここにはフェンスがありませんが、川と丘の中腹の地形は自然の障壁を作りますが、犬が放浪した場合に備えて、犬を音声制御する必要があります。公園の向こう側から、製錬所ラピッドに垂れ下がる垂木やカヤックの素晴らしい景色を楽しむことができます。また、冬の期間に訪問すると、スノーシューやクロスカントリースキーヤーが犬と一緒に公園を周回するのを目にするでしょう。

特に暑い日には、犬と自分用に水を持参してください。また、ガラガラヘビの警告標識に注意してください。もし遭遇した場合は、犬が嫌がらせをしないように注意してください。


エルクメドウパーク、エバーグリーン

エルクメドウパーク 位置しています (ここに)ジェファーソン郡のエバーグリーンの町。

エルクメドウパークには以前はリード外れのエリアがありましたが、残念なことに、2017年に郡によって閉鎖されました。ただし、ペットを飼っていれば、犬をここに連れて、広いオープンスペースと多くのトレイルを楽しむことができます。ひも。また、公園全体にゴミ入れがありますが、ペット用バッグとうんちバッグ用の水を運ぶ必要があります。

公園は日の出の1時間前から日没後の1時間まで開いています。あなたとあなたのペットがそれに取り組むのに十分適合している場合、2,100フィートの標高の増加を伴う4.7マイルの挑戦的なハイキングを含め、ここで探索できるたくさんの多様なトレイルがあります!公園全体で、エルクの大きな群れを見るチャンスがあります。


ビッグホーンパークオフリーシュドッグパーク、ベイル

ビッグホーンパークはベイルの町にあります(ここに)。

ビッグホーンパークには、犬が他の犬の訪問者と一緒に走ったり遊んだりできる芝生のスペースがたくさんあり、ひと泳ぎを楽しむ子犬のための池があります。池の周りを歩くことができる道がありますが、より挑戦的なハイキングが必要な場合は、通りを渡って坂道を登ります。

これは犬に優しい公園であり、子犬は鎖を外して遊ぶことができますが、このエリアはフェンスで囲まれておらず、道路に隣接しています。そのため、常に厳格な音声制御下に犬を飼う必要があります。

犬のおもちゃ、水、糞袋を持参する必要があります。


フットヒルズコミュニティドッグパーク、ボルダー

フットヒルズコミュニティドッグパークは(ここに)ボルダーの街で。

公園内の3つの独立したエリアはフェンスで隔離されています。 1。 5エーカーの面積は20ポンド未満の小型犬用で、他の1.6エーカーのスペースは20ポンド以上の大型犬用です。残りのゾーンは、犬のサイズに関係なく、すべての犬が使用するためのものです。ドッグパークは、犬がお互いを追いかけて余剰エネルギーを燃やして楽しむことができる十分なスペースを提供します。

飼い主が犬の遊び中に座って景色を楽しむために、少量の座席と日よけが用意されています。糞袋を持参する必要がありますが、フェンスで囲まれた各ゾーンで犬に水が提供されます。犬がすり減ったら、公園の近くにあるリード上のトレイルの周りをゆっくりと散歩したいと思うかもしれません。


グレンデールファームドッグパーク、キャッスルロック

グレンデールファームドッグパークは、17エーカーのオフリーシュ地域です。ここに)、グレンデールファームトレイルに隣接するキャッスルロックの町。

ここにはたくさんの犬がいます!走ったり、追いかけたり、ボールをフェッチしたりするためのオープンスペースはたくさんあります。また、さまざまな障害物を乗り越えて、乗り越えて、挑戦することを楽しむ子犬のためのミニ敏捷性コースもあります。犬が遊んでいる間、提供されているベンチの1つに座って、コロラドフロントレンジとパイクスピークの素晴らしい景色を眺めることができます。

1.6マイルのグレンデールファームトレイルを散歩することもできますが、犬をここに連れて行く必要があります。

Glendale Farm Open Space Dog Parkのビデオをご覧ください このリンクで


ウェストミンスターヒルズオフリーシュドッグパーク、ウェストミンスター

ウェストミンスターヒルズドッグパークの見事なオープンスペースは、犬が鎖を外して走ることができる420エーカーを占めています。ドッグパークは、15,000エーカーのコロラドヒルズオープンスペース(ここに)デンバーメトロのウェストミンスターにあります。

この公園は、2マイルのトレイルと泳ぐ池があり、犬があなたと彼の新しい犬の友達と楽しい時間を過ごせる素晴らしい犬フレンドリーなスペースです。公園には犬用の水飲み場があり、ベンチと所有者のための避難所があります。ただし、公園は部分的にフェンスで囲まれているだけなので、犬をここに連れてくる前に、犬が音声コマンドに完全に従うように注意してください。

公園は日の出から日没まで毎日開いており、入場は無料です。コヨーテやヘビがエリアにいる可能性があるという警告の兆候があるので、歩くときは注意してください。


最終的な考え

休暇で美しいセンテニアル州に来ることを決めた場合は、犬も一緒に連れて行くようにしてください!何エーカーにもわたる大草原、何マイルにもわたる山道を探索し、ほとんどすべての町にオフリーシュドッグパークがあり、あなたもあなたの子犬もたくさんの楽しみを見つけることができます。州の多くの町や都市には、犬に優しいホテルやRVパークもあります。

コロラドに来る前に、犬が狂犬病にワクチン接種されていることを確認し、首輪のタグをつけて犬にその効果を忘れないようにしてください。獣医師や、訪問する予定の地域の地方自治体の事務所に電話をかけて、適用されるライセンスとリーシュに関する法律を確認することもお勧めします。

注釈