ラブラドールレトリバーのための最高のハーネス:評価&レビュー

ラブラドールレトリバーのための最高のハーネス:評価&レビュー

を探して ラボに最適なハーネス?ラボに適したものを選択すると、ラボがどれほどアクティブであるかによって、一部の所有者を夢中にさせる可能性があります。ラブラドールは、一流の家族の犬の1つであり、米国で最も人気のある品種です。ラブラドールレトリバー 高エネルギーの犬ですベンチラボよりも多くのエネルギーを持っているフィールドラボ

この品種はスポーツ品種であるため、少なくとも 毎日60分の運動。彼らの活動レベルのために、ラブラドールは早い段階でハーネスを使ったトレーニングに抵抗することが知られています。ラボは驚くほど強力です。そのため、適切なハーネスを装備することが非常に重要です。



以下では、調査結果をまとめて トップハーネス あなたのラブラドールのために、そして私たちはコスト、耐久性などを含むいくつかのカテゴリーでトップブランドを比較します。私たちの推奨事項に固執する場合、ラボは次の屋外エクササイズアドベンチャーに行くのに適しているはずです。飛び込もう!

概要:私たちのお気に入りのラブラドールハーネス

Chais Choiceトップピック
私たちの評価

全体的に最高

チャイのチョイスハーネス

Chewy.comで表示
クルゴドッグハーネス
私たちの評価

プーラーに最適



Kurgo Tru-Fitハーネス

Chewy.comで表示
ペットセーフのイージーウォークハーネス
私たちの評価

予算ピック



PetSafeイージーウォークハーネス

Chewy.comで表示

注:上記のリンクをクリックするとChewy.comに移動し、追加の製品情報やカスタマーレビューを入手できます。購入すると、追加費用なしでコミッションを獲得できます。

ラブラドールハーネスバイヤーズガイド

ハーネスで走っているラブラドール子犬

ラブラドールレトリバー用の犬用ハーネスを購入する前に、考慮すべきことがいくつかあります。ラブラドールレトリバーは引っ張るのが大好きなので、古いラボをスナップしようとすると 悪い引っ張り癖から、あなたは見てみたいでしょう ノープルドッグハーネス。子犬から始める場合は、より快適なオプションから始めることができます。タイプ、調整性、快適性、安全性、耐久性、そして最後にコストと同様に、年齢も重要な要素です。さあ、始めましょう。 ハーネスの種類、その後に検討する必要がある残りの要素が続きます。

ハーネスの種類

ラブラドールの活動度に応じて、次の各オプションを公平に比較​​検討して、ラボに適切なオプションを決定します。年齢も要因になります。ラボの子犬または古いラボを持っている場合は、スタイルよりも快適さを優先する必要があります。

プルなし: ノープルモデルは、ラベルが言うように、あなたの犬が引っ張るのを止めるのを助けるように設計されています。深刻な悪い習慣をすでに身につけているラブラドールを飼っている場合、これらは良いことです。ただし、通常は快適ではありません。これらは、子犬や年配の犬ではなく、大人として引っ張るラボではより考慮されるべきです。

ベスト: 子犬や年配の犬に最適なベストバリアントは、通常、パッドを追加して快適さを重視して設計されています。彼らは伝統的に形をした犬であるため、ベストは通常​​、ラブラドールレトリバーに非常によくフィットします。これは、グレイハウンドのように体が長いか胸腔が薄い他の犬種とは対照的です。 さまざまなハーネスのニーズ

フロントクリップ: これは人気のあるオプションであり、実際に犬にクリップする方法を指します。クリップは前面にあり、リーシュアタッチメントも前面にあります。これらは、コントロールが前面にあるため、通常、プーラーには少し優れています。

バッククリップ: これらは後ろに座っており、離陸すると少し簡単に処理できるより軽い品種に適しています。通常、リードのアタッチメントが後ろにあるため、Labradorsにはバッククリップを装着しないでください。ラボが必要に応じて強く引っ張られる場合があります。

デュアルクリップ: これは、前面と背面にクリップがあり、両方の世界で最高です。リーシュアタッチメントも上と前にあります。歩行スタイルに応じて、子犬にとって最も都合のよい場所にラッチするように選択できるため、通常はデュアルクリップハーネスをお勧めします。

介入する: 最も嫌いなモデルはステップインです。多くの犬は、ステップインしなければならないという事実を好まないため、頑固な犬を自分が着用したくないハーネスに誘導することになります。特に高エネルギーのラボでは、通常、ステップインを回避することをお勧めします。これらは 小型犬により良い

調整可能

ラブラドールのハーネスを選ぶとき、特に子犬が若い場合は、調整能力が重要になります。調整可能なハーネスにより、 犬の成長に合わせてサイズを変更します。 これは、ラボが子犬の場合、長期的にはお金を節約できます。それはまた、調整されたときに彼らの体形に独特に輪郭を描きます。あなたのラブラドールが少し重い場合、それはあなたがその体型に適切にフィットすることを可能にするはずです。

クリップは安価であると壊れる可能性が高くなるため、適切に作成する必要があります。これはラボのような強い犬に特に当てはまります。同じことは ハーネスの調整可能な領域。ラボの安全性を確保するために調整可能なポイントをできるだけ少なくできるように、弱点をできるだけ少なくします。

快適さ

年上の犬と年下の犬にとってより重要なのは、追加のパディングがあるハーネスを確認することです。犬が引っ張るのが好きな場合は、これも要因になるはずです。完全に引っ張られているものに対して犬を強く引っ張ってほしくないからです。 肌や体に不快。若いラボの中には、別の犬に会うために突進するものもあり、その過程で怪我をさせたくない場合もあります。ラボを実行している場合は、追加の快適機能を検討することもできます。実際、ハーネスを検討することをお勧めします 特に実行するために 頻繁に行う予定がある場合。

安全性

ほとんどの高品質ブランドには、いくつかの安全機能があります。私たちが言う「最大の特徴」は、ある種の反射素材です。これは とっても大事 あなたの子犬が見えるようにしたいので、早朝や深夜のウォーキングのために。これは、脱走しようとする意志があるかもしれない頭の強い犬に特に当てはまります。

一部のドッグハーネスには、背面にハンドルが取り付けられており、フェイルセーフオプションとして最適です。これらのハーネスは正確には考慮されていませんが 脱出防止ハーネス、彼らは本質的に より安全に ラボが離陸しようとするときにラボをつかむオプションがあるためです。一部のモデルには、シートベルト機能も組み込まれています。

耐久性

ペット製品の耐久性は問題になる可能性が高いですが、乱用される傾向があるため、ハーネスでは間違いなくそうです。年配の犬を飼っている場合は、これはそれほど重要ではないかもしれませんが、ラボが子犬の場合は、後の方で間違いなく別のハーネスを購入する必要があります。あなたはそれを選ぶ限り 完全に調整可能 耐久性の評価が高い場合、ラブラドールが子犬であり、大人になってから散歩ができるようになったときから、ハーネスを1つ使用できる可能性があります。

費用

明らかにあなたの予算は重要です。ただし、予算のために品質を犠牲にする必要はありません。通常、安く購入することは、製品の品質が低下する可能性があることを意味し、ラボが1年以内にハイエンドモデルを購入することになります。 たまたまそれを壊す。つまり、財務上の問題を遅らせ、安価なハーネスを購入し、結局、より高価で耐久性のあるモデルを購入することになったのです。犬の生涯にわたって複数のモデルを購入する必要はなく、ラボに適した最高の品質を得ることをお勧めします。

ラブラドールの年齢

ラブラドールレトリバーの年齢も、購入する可能性のある商品に影響を与えます。彼らはより快適さが必要なので、私たちは通常、子犬や高齢者のための小さなソフトベストタイプのハーネスをお勧めします。若い大人と大人のラブラドールには、安全性とセキュリティを提供するリア、フロント、またはデュアルクリップハーネスが必要です。

ラボでのお気に入りのハーネス

ラブラドールレトリバーのトップハーネス

ラブラドールレトリバーは標準的なボディスタイルを持っています。これは飼い主にとってとても良いニュースです。ほとんどの犬用ハーネスは、 主な変更 または調整。ライフステージに基づいて、適切なサイズの犬を確実に購入する必要があります。ほとんどのラブラドールは50〜90ポンドの範囲にあり、 ほとんどのラブラドールミックスなので、以下の選択も自由に適用できます。

最善の方法は、ラボの物理的特性を測定し、どのサイズを取得するかについてメーカーのガイドラインに従ってください。ほとんどのラブラドールは サイズに合う、ただし、ラボがより重い場合は、特大が必要になる場合があります。小さな女性のラブラドールが中型のサイズに収まる可能性もあります。以下に、ラブラドールレトリバーのすべてのお気に入りを示します。飛び込もう!


Chai's Choice 3Mリフレクティブハーネス

Chais Choiceハーネスレッド
  • 複数の色オプション
  • リアクリップハーネス
  • 視認性の低いウォーキング用の反射性3M生地
  • 胸と腹にパッド入りで快適
  • 完全にカスタマイズ可能なフィット
  • よりコントロールしやすいリアハンドル
  • フロントとリアのDリングアタッチメント
Chewy.comで表示

Chai’s Choiceのハーネスは、多くの理由で私たちのお気に入りの1つです。まず第一に、それはかなり滑らかに見えます。複数の色のオプションがあるので、 あなたは色を調整することができます ペットが複数いる場合。 3M反射パッドが装備されているため、深夜や早朝の散歩に最適です。上部の組み込みハンドルは、シートベルトストラップインシステムとして、またはラボがなんとか緩んだ場合の安全フォールバックとしても機能します。

このハーネスは胸部に優れたパッドが施されているため、長時間の歩行でもラボにとって非常に快適です。チャイの選択はバッククリップハーネスですが、トップとフロントの両方にDリングが含まれているという事実が気に入っています。つまり、子犬が引っ張るのが大好きな場合、 鎖を前に叩きつける。犬の行動が良ければ、ひもを後ろにつけてゆっくりと散歩できます。チャイの選択は完全に調整可能であるため、子犬が若いときに購入すると、大人になる可能性が高くなります。

私たちは大好きです Chai’s Choiceのハーネスにはすべての魅力があります。これは完全なパッケージであり、前面と背面のクリップ、および安全性を高める反射性の高い配管が含まれています。


Kurgo Tru-Fitスマートハーネス

クルゴドッグハーネスブラック
  • 車の乗車について衝突試験済み
  • シートベルト取り付け用のカラビナが含まれています
  • すべてのサイズに完全に調整可能
  • プーラーに最適
  • 5つの調整ポイント
  • ロッククライミングハーネスに基づくデザイン
  • スチールバックルシステム
Chewy.comで表示

Kurgo Tru-Fitスマートハーネスは、ラブラドールレトリバーにとってもう1つの優れた選択肢です。ステップイン型のように見えますが、実際はそうではありません。それは持っています 両側の上部にあるクリップ。 これにより、ハーネスの残りの部分を胸部のどちらの側からでも送ることができます。バックルの取り付け箇所があるため、このモデルから脱出するのは非常に困難です。このハーネスは、ロッククライマーが使用するエンジニアリングに基づいており、シートベルトに取り付けることができるように、自動車旅行用のカラビナが装備されています。

このハーネスには5つの調整ポイントがあります。つまり、サイズに関係なく、ラボにぴったりフィットします。ラボの年齢に関係なく、快適で日常的に使用できるように作成されました。胸部パッドは、ラボの気管と胸骨へのストレスを軽減するように設計されています。これは、引っ張りたいラボにとって非常に重要です。驚いたことに、それはクラッシュテストもされています。 衝突試験用犬箱 通常はより一般的です。

私たちは大好きです Kurgo Tru-Fitの革新的なデザイン、耐久性、調整機能。これは、若い成人の年齢で購入した場合、ラブラドールの寿命のほとんどを持続するハーネスです。


PetSafeイージーウォークハーネス

イージーウォークby PetSafe Blue
  • 予算にやさしい
  • プーラーに最適
  • クイックスナップショルダーバックル
  • 喉圧なし
  • 丈夫なDリングショルダーアタッチメント
  • ほとんどの品種に適合
  • マルチンゲールループデザイン
Chewy.comで表示

私たちの予算の選択であるPetSafe Easy Walk Dog Harnessは、より高価なモデルの購入に投資できず、予算を節約する必要がある場合に最適なオプションです。 いくつかのラブラドール犬のおもちゃ。このハーネスはバッククリップモデルであり、リーシュをフロントに取り付けて、 引っ張るラブラドール。ただし、パッドの形はほとんどないので、快適な歩行よりも、悪い習慣の修正に適しています。

ストラップのクイックバックルにより、着脱が簡単です。胸部のマルチンゲールループが前面で引き締められ、引き寄せ動作が妨げられます。また、ねじれを防ぐので、ラボが突進する場合でも、鎖が絡まることはありません。圧力は犬の胸にかかるため、ラボが引っ張ろうとするときに気管に圧力をかける首輪よりも優れています。

私たちは大好きです ペットセーフイージーウォークハーネスの予算にやさしい性質。マナーの良い年下の犬や年配の犬を飼っている場合は、快適さとパディングのほうが優先されるかもしれません。


Sporn Dog Harness

Spornハーネスブラック
  • 獣医承認システム
  • プーラーに最適
  • メッシュのパッドが快適さを提供
  • 制御の犠牲はない
  • 丈夫なナイロン構造
  • 多くのサイズオプション
  • パッド入り拘束スリーブを装備
Chewy.comで表示

通常、Labradorsのステップインハーネスを推奨しませんが、これは例外です。このハーネスは、 プーラーに向けて非常に設計されています犬があなたを引きずろうとするときに収縮する前面の柔らかいメッシュがあるのはこのためです。これは獣医が承認し特許を取得したシステムで、怪我をする可能性のある敏感な部位に不必要な圧力をかけることなく犬を柔軟に動かすことができます。

Spronは、ハードコアのラブラドールプリング用に特別に設計されています。私たちは実際に ピットブルのような品種にそれをお勧めします、また引っ張ることで悪名高い。リーシュアタッチメントはハーネスの後ろにあります。したがって、考慮しなければならない唯一のことは、犬のサイズです。このハーネスは 引っ張る行動を思いとどまらせる、自分のサイズに合わせて大きな犬を飼っている場合は、管理が少し難しい場合があります。残念ながら、後ろにはハンドルがありません。しかし、その設計方法により、引き離すのが非常に困難になっているため、偶発的に壊れてしまうことはほとんどありません。

私たちは大好きです Spornのシンプルなデザイン、そして真剣な引き手がいるなら、このハーネスを試してみる価値はあります。また、予算にやさしく、リストの中で最も安価なオプションの1つです。


HDP Big Dog Harness

HDP犬用ハーネスブラック
  • より大きな品種向けに設計
  • 最大限のコントロールのための厚いストラップ
  • チョークハーネス設計なし
  • Dリングはセンターリングに取り付けます
  • 耐久性のあるポリエステル構造
  • 窮屈な状況でつかむためのハンドル
  • 追加の肩と胸のパッド
Chewy.comで表示

HDPビッグドッグノープルハーネスは、より大きな品種を対象とした獣です。ラブラドールは小型犬ではありません。このハーネスは小型犬用ではありません。このハーネス XX-Lまで、つまり、ハーネスのサイズは ジャイアントブリード犬に適合 同じように。それは同様に余分なパッドを備えており、より大きな品種にとって重要である非常に耐久性があります。大型ハーネスはほとんどのラブラドールレトリバーに簡単にフィットしますが、常に推奨サイズ設定に従う必要があります。

Dリングは、この特定のハーネスの背面にのみ取り付けられています。これは、ラボが大きく、プルしたい場合に問題になる可能性があります。そうは言っても、ストラップは信じられないほど厚く、パッドは大きな犬にとってとても快適です。このハーネスは快適なポリエステル製で、ハーネスが体の周りを曲がる間、犬が動き回ることができます。

私たちは大好きです 犬を極端に制御する必要がある人のためのこのハーネス。これはより重い義務であり、困難な状況で犬がバックハンドルをつかむことができるため、突進する可能性のあるラボを制御するのに最適です。


Voyager Mesh Trim Dog Harness

Voyager Dog Harness Pink
  • メッシュ通気性生地
  • 2つの頑丈なDリングアタッチメント
  • 生地により通気性を確保
  • 快適なベストクロスオーバー
  • パディングは快適なフィット感を保証します
  • ステップインスタイル
  • 子犬や高齢者に最適
Chewy.comで表示

このバッククリップハーネスは、快適さが最も重要である犬に適しています。ボイジャーは基本的にベストとハーネスのクロスであり、 犬の周りに快適にフィット 彼らが歩くように。これはラブラドールの快適なフィッティングオプションであり、しっかりとフィットします。これは、まだ始まったばかりの小さな子犬に最適です。あなたがそれを一時的な解決策として見ているなら、費用は胃を楽にするでしょう。

ハーネスは、クラスプの近くの後ろ側のリーシュに取り付けられ、子犬が動き始めたときに備えて、二重のフェイルセーフとして機能します。正面に付いていないので、ウォーキングに慣れている犬や、適切なウォーキングエチケットを学んでいるだけのラブラドール子犬を対象としています。

私たちは大好きです Voyagerが提供する予算に優しい快適さ。引っ張ったり突っ込んだりして歩くのが難しい子犬がいる場合は、代替案を検討します。


Puppio Camo Dog Harness

Puppia Harness Camo
  • 予算にやさしいオプション
  • 快適さのためのパディング
  • 子犬や高齢者に最適
  • エアフロー用のエアメッシュ
  • 丈夫なポリエステルデザイン
  • ウォーキング用の軽量
  • Dリングリーシュアタッチメント
Chewy.comで表示

予算にやさしい別のベストクロスオーバー、Puppia Soft Trim Dog Harnessは、Labradorsにとって快適なオプションです。ひもの上を歩くことを学んでいるだけの子や、 訓練済み。パッドはより大きな品種にとって十分快適であり、Puppiaはより穏やかなラブラドールのためにうまく機能します。それは4つの異なる色の組み合わせで来ます。これには迷彩が含まれており、外出時などにラボを少しスタイリッシュにすることができます。

犬が子犬のときに一時的な解決策を探していて、失敗を避けたければ、これはベストペット用品ボイジャーの優れた代替品です。柔らかなエアメッシュのパッドは、若い犬や高齢者にとって快適なハーネスになります。

私たちは大好きです 年配の犬や年配の犬を飼っている人のための予算にやさしい別の選択肢があることPuppiaは、コストと品質をうまくブレンドしています。


よくある質問

Q:ラボでは首輪またはハーネスを使用する必要がありますか?
A:これは個人的な決定です。ほとんどのペット専門家は、ハーネスが犬の気管への負担を軽減するようアドバイスしています。あなたの犬が引っ張る場合、これは非常に重要です。標準的な首輪は通常、プーラーには適していません。そのため、ラボを選択する際にはそれを考慮してください。

Q:ラボにはハーネスまたはベストを使用する必要がありますか?
A:ベストは、若いまたは古いラブラドールの素晴らしいオプションです。ハーネスは、子犬の後半のラボに使用する必要があります。彼らはまた、成人期に、彼らの上級年を通してずっと使用することができます。ベストは通常​​、快適さを重視して設計されており、トレーニングとコントロールの負担は少なくなっています。

Q:ハーネスを使用するには、どのような綱を購入する必要がありますか?
A:これは個人的な選択です。彼らは通常かなり安く購入できるので、私たちは通常、良い強いナイロンの鎖をお勧めします。革はまたうまく機能し、もう少し費やしてもかまわないのであれば、ほとんどの犬にとって丈夫です。

Q:ラブラドールにはどのサイズのハーネスを購入すればよいですか?
A:メーカーの測定推奨事項に従ってください。ほとんどのラブラドールは大きなサイズに収まります。小さいラブラドールは中型サイズで機能します。犬の体重によっては、より大きなオスが特大を必要とする場合があります。

最終的な考え

ラブラドールレトリバーに最適なハーネスを見つけることについてすべて学んだので、次に進むための十分な情報が提供されたことを願っています。何かがあります あなたのラブラドールを考慮してください すべてのライフステージで。ラブラドールの子犬と高齢者は、通常、コントロールが少し簡単なので、通常は少し柔軟性があります。ラブラドールの年齢に関係なく、私たちが提供した推奨事項に固執すれば、次のアウトドアアドベンチャーで素晴らしい状態になります。

注釈