犬はピーマンを食べることができますか?はい、そしてほとんどがそれらを愛します!

犬はピーマンを食べることができますか?はい、そしてほとんどがそれらを愛します!

あなたの犬はピーマンを食べることができますか?この質問への短い答えは はい!絶対に!特定の種類の食物に対してアレルギーがある犬もいますが、 ほとんどの子犬は完全に元気です 健康に害を及ぼすことなく適度に食べること。ピーマンは栄養価が高く、特に新鮮な状態でお召し上がりになると、さまざまなビタミンや栄養素を含んでいます。

ピーマンは、より人気のある果物と同じくらい頻繁にドッグフードに含まれていません 野菜サツマイモのように または パイナップル。彼らはあなたの子犬に与えるために水分と繊維含有量の両方を高めるのを助けることができます 規則性を高める。これは新鮮なドッグフードでより一般的であり、多くの場合、犬の食事に少し変化を与えるために、乾燥したキブルに追加されます。



彼らは私の犬を病気にしますか?

ガスジー犬の病気

ピーマンはあなたの犬を病気にするべきではありません。ピーマンを食べている間にあなたの子犬が病気になる唯一の可能性は、彼らが植物にアレルギー反応を持っているか、彼らがナイトシェード野菜を消化するのに問題があるかどうかです。ほとんどの犬はピーマンを扱うことができます 彼らの食事で比較的定期的に。繊維の摂取は、それに含まれる天然繊維で、子犬の腸を楽にするのに役立ちます。これは、レシピに他の成分を注入して繊維を強化したドライキブルを購入するのに最適な方法です。

初めて試したときに犬が病気にならないようにするには、子犬の食事にゆっくりと犬を紹介します。試用をお勧めします 非常に少量 犬の胃腸管を混乱させないようにするためです。早すぎると、ガスっぽい子犬になる可能性があります あなたの寝室の匂いがする。ゆっくりテストする場合、これは、GIの問題のために獣医へのエスカレートされた旅行が必要ないことを確認するのに役立ちます。

子犬に与えるピーマンの量は サイズに依存。小さい犬はイントロとしても、食べる量を減らすべきです。数枚のスライスから始めて、少しずつ量を増やしていくことをお勧めします。



ピーマン以外の餌を与えていないことを確認する必要があります。スパイシーなピーマンは犬にはお勧めできません。 大混乱 彼らのGIシステムで。あなたはあなたの子犬に他のコショウを与えたくありません、そしてこれはハラペーニョのコショウ、セラーノのコショウまたは他のあまり一般的でない唐辛子を含みます。

彼らはビタミンと栄養素を持っていますか?

ピーマンの栄養素

ピーマンは 低炭水化物と低カロリーのオプション あなたの子犬のために。彼らはビタミンC、ビタミンE、ビタミンAと積み重ねられています。ビタミンCは 炎症と闘うために不可欠、関節の問題がある年配の犬を飼っている場合に最適です。彼らは繊維が多く、葉酸、パントテン酸、カリウムも含んでいます。それらはまたルテインおよびベータカロチンのようなビタミンB6そして他の混合物を含んでいます。



これはそれらをあなたがあなたの犬を養うことができる他の多くのより栄養価の低い野菜(レタスを考える)の素晴らしい代替品にします。あ 適切な抗酸化プロファイル あなたの子犬が長期にわたって幸せで健康を保つために不可欠です。健康な神経系には優れた野菜のプロファイルが不可欠であり、ベータカロチンブーストは関節炎との闘いに役立ちます。 年上の犬に最適

赤、緑、オレンジ、黄色?

オレンジ、赤、緑、黄色のピーマン

あんまり。すべてのピーマンは栄養素が積まれています。赤唐辛子はより抗酸化性が高く、緑、オレンジの順に続き、黄色で丸められます。そうは言っても、特に犬の食事で他の野菜を補充している場合は、子犬に黄色の唐辛子を与えることは、唐辛子をまったく食べないよりも良いことになります。バラエティパックを購入してみる価値はあります どの特定の色 あなたの子犬は最も楽しんでいます。

準備と数量

犬用生ピーマン

前述のように、ピーマンなどのあらゆる種類の新しい食べ物を毛皮で覆われた友達に紹介するときは、常にごく少量から始めてください。良いニュースは 生でお召し上がりいただけます、または同様に調理されたあなたの犬に供給されます。彼らはソテーしたり、ピューレとして使用したり、乾燥したキブルに注いだりして、犬の食べ物に風味を加えることができます。

生の唐辛子は外観が丈夫で、犬が食べにくいので、調理したピーマンから子犬を始めることをお勧めします。調理したピーマン はるかに柔らかくなります、そして食べることも消化することも簡単です。ピーマンは、犬に与える前に、調理、ソテー、蒸しなどの方法で調理できます。

それらはドライドッグフードにありますか?

ピーマンなしのドライキブル

ピーマンは乾いたキブルにはあま​​り見られません。あなたが見つける他の一般的な果物と野菜がありますが、コショウは通常それらの1つではありません。これは費用と、いくつかの子犬によるものです 彼らの食べ物をもっと厳しくする。ピーマン 独特の味わい、そしてすべての犬がそれらを食べるのを楽しむわけではありません。乾燥したキブルは、一般的に他の野菜を材料と見なし、最も一般的なのはエンドウ、ニンジン、サツマイモ、および他の葉菜です。

彼らは便秘や下痢を治すことができますか?

犬のピーマンの便秘

犬が一生を通じてGIの問題を起こすことはよくあります。彼らは人間と同様にストレスと他の変化を経験しますが、異なる方法で経験します。ピーマンはすることができます 消化を助ける 繊維と水分の増加による。これは便秘を「治す」ことはできませんが、排便に関して、子犬をより定期的にするのに役立ちます。下痢と戦っている犬に餌を与えてはいけません。これは、子犬の便がゆるいことを意味し、最後に必要なのは より高い繊維の乾燥キブル

その他のよくある質問

Q:犬はピーマンの種子を食べることができますか?
A:茎と種子の両方をピーマンから取り除いてから、犬に与えます。種子は消化不良を引き起こす可能性があります。

Q:キノコと混ぜて犬が食べることはできますか?
A:店で買ったキノコは一般的に犬には問題ありません。野生のキノコはそうではなく、有毒かもしれません。野生のキノコを犬が摂取した場合は、すぐに獣医に行くことをお勧めします。

Q:玉ねぎと混ぜて犬が食べることはできますか?
A:タマネギは犬に有毒なので、ペッパーとタマネギを混ぜてはいけません。子犬がタマネギを摂取した場合は、できるだけ早く獣医に連絡することをお勧めします。

Q:ピーマンを食べると、犬がガス状になりますか?
A:すべての新しい食品と同様に、子犬の食事に取り入れると、反応が悪くなる可能性があります。これは、犬が順応するときにガスを受け取る可能性があることを意味します。

Q:犬はキュウリと混ぜて食べることができますか?
A:はい、キュウリは犬にとって安全です。お勧めしません 犬の漬物に餌をやる、キュウリから作られています。生のキュウリとピーマンを混ぜても、犬に問題は生じません。

Q:犬は赤唐辛子のローストフムスを食べることができますか?
A:いいえ、赤唐辛子のローストフムスを犬に与えるべきではありません。フムスはニンニクとレモンが含まれているため、犬にとって有毒である可能性があります。どちらも健康上の問題を引き起こす可能性があるため、お勧めしません。子犬がフムスを摂取した場合は、獣医に連絡してください。

最終的な考え

ピーマンは子犬に最適ですが、他のものと同様に、 適度にテストする。少ない量から始め、子犬が楽しんでいると感じたら、少しずつ量を増やしてください。もしそうなら、あなたはあなたの犬に彼らが長くて健康的な生活を送るのに必要な抗酸化物質を後押しする乾燥キブルと他のタイプの食物と対になる野菜を持つことができます。

注釈