犬はキャットフードを食べることができますか?彼らがするとき何が起こるか?

犬はキャットフードを食べることができますか?彼らがするとき何が起こるか?

ほとんどの猫の飼い主は床で猫に餌をやります。これは、自分が見ていなくても行ったり掘ったりするのが大好きな貪欲な子犬を飼っている場合に問題になります。だから犬はキャットフードを食べることができますか?そして、彼らがそれをたくさん食べるとどうなりますか?の 短い答えはイエスです。ただし、猫の食べ物を犬と定期的に共有するべきではありません。調査する必要があるいくつかの注意点があります。

ほとんどの犬は、まったく問題なく少量のキャットフードを食べることができます。キャットフードには、犬に有毒な成分は含まれていません。実際、犬はキャットフードからある程度の栄養を得ることができます。彼らがどれほど気に入っているかを考えると、一部の犬の飼い主は 高価値のトレーニング報酬として使用する 時々。



キャットフードは通常、犬が食べても安全ですが、 彼らは食べ過ぎてはいけません、またはそれを持っている あまりにも頻繁。それは彼らの通常のドッグフードの食事の代わりになるべきではありません。猫と犬は栄養ニーズが異なるため、食べ物が異なるのには理由があります。また、犬は猫の食べ物を食べてはいけません。たとえ肝臓や腎臓の病気にかかっていたり、膵炎になりやすい場合でも、おやつとしてはいけません。詳細を見ていきましょう。

キャットフードは私の犬を病気にしますか?

病気の犬

犬がキャットフードを食べると、通常よりもはるかに多くのタンパク質と脂肪を摂取します。多くの犬は時々これをやっても大丈夫ですが、あなたが敏感な胃を持つ犬を持っているなら、このすべて 余分なタンパク質 脂肪は犬に気分を害することがあります。犬の中には 嘔吐または下痢または腹痛がある。他の人は膵炎に進行するかもしれません。これは、食品中の高レベルの脂肪に反応した膵臓の痛みを伴う炎症です。これは犬を非常に病気にすることができます。彼らは通常、繰り返し嘔吐し、時には何日も食べ続けることを拒否します。

あなたの犬が食べ過ぎた場合はどうなりますか?

獣医の犬

キャットフードの問題は、タンパク質が多く、脂肪が多いことです。あなたの犬が一度にたくさんの食べ物を摂取すると、おなかを混乱させる可能性があります。運が良ければ、少しの風で逃げるか、 軽度の下痢 あなたの犬がキャットフードを食べ過ぎた後。恵まれない人々は、嘔吐していて下痢がひどく、食べ物に触れることを拒否している犬を連れて獣医のオフィスにいる可能性があります。ながら 胃腸炎は通常通ります 問題の食物が腸からなくなると、膵炎が発症する可能性があります。膵炎はさらに深刻であり、治療せずに放置すると、重度の脱水症や死に至ることさえあります。



私の犬はキャットフードを食べました、私は何をすべきですか?

犬と猫を食べる

犬が初めてキャットフードに入ったときに、どう反応するかわからない場合は、いくつかの手順があります。これらの手順を実行すると、猫が食べたキャットフードの量に応じて、子犬の潜在的なリスクを最小限に抑えることができます。

ステップ1:キャットフードへのアクセスを禁止する

あなたがすべき最初のことはあなたの犬がこれ以上のキャットフードを食べるのを止めることです。これは、流出物を片付けている間は犬を閉じたり、猫のボウルを犬が届かないと思われる場所に移動したりすることを意味する場合があります。これは、犬が危険なものを食べないようにするための最初のステップです。 チョコレートニンニク、または非食品アイテム 石鹸



ステップ2:消費量を把握する

一口でも害を及ぼす可能性は低いですが、ものを飲み込むと問題が発生する可能性があります。次のステップは、犬がどれだけ食べたと思うかを概算することです。犬が大量に食べた場合、注意深く観察する必要があるだけでなく、それに応じて夕食の量を減らして、腸に過剰な負荷がかからないようにすることができます。

ステップ3:トラブルの兆候に注意する

良いニュースは、犬が元気になる可能性が高いため、獣医に急いで急いで行く必要がないことです。病気になる場合、通常1〜2時間以内ですが、嘔吐や下痢の兆候が現れるまで、特に犬が膵炎にかかった場合は、最大24時間かかることがあります。彼らのエネルギーレベルと食欲を監視し、嘔吐や下痢を記録します。たとえあなたの犬が食べ物を吐き出しても、それが健康で明るいままである限り、それは心配の特定の原因ではありません-しかし、彼らが無気力になり始めたり、食べ物を抑えられなかったり、下痢や嘔吐を起こしたりする場合、獣医に行って支持療法を受け、膵炎が疑われるかどうかをテストする必要があります。

猫対犬:栄養ニーズ

猫と犬が一緒に

猫と犬は異なる栄養ニーズがあります。これは、犬がはるかに大きい場合に特に当てはまります。猫が生き残るためには肉が必要です。犬もそうですが、はるかに小規模です。このため、動物性タンパク質含有量に関しては、ほとんどのキャットフードははるかに密度が高くなっています。

キャットフードははるかに栄養が豊富で濃縮されているため、犬が長期的に食べることはお勧めしません。また、小さいパッケージでカロリー数が高くなります。これは、犬が猫の餌を長期間食べていると、体重が増えて他の健康上の問題が発生する可能性があることを意味します。

よくある質問

どんな犬も時々食べるべきではないものに入ることができます。そのため、Love Your Dogに関してよく寄せられる質問をいくつか提出しました。以下のセクションでは、キャットフードに関連する質問をまとめました。

犬がキャットフードを食べないようにするにはどうすればよいですか?

治療よりも予防​​が大切です!ワークトップやドレッサーの上など、猫の食べ物が届かないようにしてください。猫が年長の場合、関節炎のために跳ね上がるのに苦労するかもしれません。彼らが彼らの食べ物に到達するためのステップを作ることを検討するか、あなたの猫が食べているときは別の部屋で犬を閉めなさい。もちろん、強い「去る」コマンドを教えることは、あなたがしがちな犬を飼っている場合に役立ちます。 視界にあるすべてのものを飲み込む-特にあなたが定期的に猫のいる他の家を訪れる場合。

キャットフードを食べると犬は失明しますか?

番号!犬がキャットフードを食べても失明することはありません。ただし、理論的には猫がドッグフードを食べると失明する可能性があります。これは、ドッグフードにタウリンがあまり含まれていないためです。犬は食事にタウリンを必要とせず、体内で自分で作ることができます。猫は自分で作ることはできないので、食べ物には高レベルのタウリンが必要です。猫がドッグフードを食べると、十分なタウリンを得られないため、時間が経つと欠乏します。最終的には失明、心臓病、神経の問題を引き起こします。犬はこれらの問題を抱えることなくキャットフードを食べることができます-よろしくお願いします!

犬に腎不全を引き起こす可能性はありますか?

キャットフードの1回限りの峡谷は、腎不全を引き起こす可能性は低いです。しかし、一部の人々は、ドッグフードの代わりにキャットフードを慢性的に食べると腎臓が損傷する可能性があることを示唆しています。これは、キャットフードのタンパク質がドッグフードよりもはるかに高く、過剰なタンパク質が腎臓に余分な負担をかける可能性があるためです。犬がすでに怪しげな腎臓を持っている場合は、キャットフードを食べるとさらに損傷する可能性があるため、お勧めしません。

ドッグフードとキャットフードの違いは何ですか?

キャットフードは猫のニーズを満たすために完全にバランスが取れていますが、ドッグフードを犬に適した食事にするための多くの研究が行われています。私たちは家をこれらの両方の種と共有していますが、フードボウル、ウォーターボウル、ラップを共有していることもありますが、それらはまだ非常に異なる種です。猫の食事は、犬の食事よりもタンパク質、タウリン、アラニンが多く含まれています。犬はこれらのアミノ酸を必要としません。犬の食事は、猫の代替品よりも炭水化物のレベルが高い可能性があります。

猫は定期的にドッグフードを食べることができますか?

猫はドッグフードを1回限り、またはごく短時間(1日以内)で食べることができます。ドッグフードを食べる猫は、実際にキャットフードを食べる犬よりも悪いです。これは、猫が犬が必要としない、または犬が必要としないほどの食事にいくつかのアミノ酸とビタミンが必要なため、犬の食事には含まれていないためです。猫がドッグフードを一定期間食べると、これらのタンパク質とビタミンが不足し、突然死を含む症状を引き起こします。

犬はピンチでキャットフードを食べることができますか?

理論的には、健康な犬は好きなだけ猫の餌を食べることができました。実際には、これは肥満、胃腸炎、膵炎に関する懸念のために悪い考えです。それでも、ピンチ時にはおそらく犬にキャットフードを与えるのをやめるでしょうが、犬がこれまでに食べたことがない場合は爆発的な結果に備えることができます。

最終的な考え

だからあなたはそれを持っています!キャットフードは、一般的に言えば、あまり摂取しない限り、犬にとって安全です。ほとんどの場合、獣医に行く必要はありません。ただし、発掘が異常な動作を示している場合は、次のことをお勧めします。 すぐに獣医に電話して。私たちの経験に基づいてガイダンスを提供することはできますが、獣医や獣医の訪問に電話する代わりにすべきではありません。

注釈