犬はナッツを食べることができますか?犬が安全に食べられるナッツは何ですか?

犬はナッツを食べることができますか?犬が安全に食べられるナッツは何ですか?

クリスマスにバーナッツや殻のナッツを間食するのが好きな方は、おそらく犬と一緒にシェアすることを1〜2回考えたことでしょう。しかし 犬が食べてもいいの? 犬はすべてのナッツを食べることができますか、または犬に有毒ないくつかのナッツはありますか?犬に与えるのに最適なナッツは何ですか?非常に多くの未回答の質問があるので、おそらくあなたは今まであなたの犬にナッツを与えることを避けてきました。

犬に新しいものを与える前に、すべての犬が異なっていることを覚えておくことは重要です。犬によっては、新しいことを試してもうまく反応しない場合があります。あなたはいつもあなたの犬に新しいものを少しだけ与えてみてください 24〜48時間待機 彼らが何らかの悪影響を受けているかどうかを確認します。



犬が新しい食べ物に同意しない場合に気付く兆候には、嘔吐、下痢、腹痛、ガスの増加などがあります。一部の犬は発疹やかゆみを伴う皮膚を発症することもあります。だから、あなたが学習に興味があるなら どのナッツが安全ですか 犬と共有するために、そしてどれがそうでないかは、読んでください。

ナッツの栄養上の利点

さまざまなナッツを混ぜ合わせる

犬にさまざまな御馳走を与えることは、ビタミンとミネラルの摂取を確実にするだけでなく、興味を提供するのに役立ちます。最近の研究によると、犬にさまざまな食事を与えると、精神的刺激が高まり、老化の影響が遅くなる可能性があります。

ナッツも含まれています 有益な油脂、ビタミンB6、銅、カリウムなどの栄養素。ナッツには多くの異なる栄養上の利点が含まれていますが、一部のナッツは危険です。どれが立ち入り禁止かを見てみましょう。

どのナットが立ち入り禁止ですか?

はい、一部は立ち入り禁止です。これらのナッツには アーモンド、クルミ、ヒッコリーナッツ、マカダミアナッツ、ピーカン。 これらすべてのナッツはイヌ科動物にはあまり適しておらず、ナトリウム含有量についてさえ話していません。



それでは、塩分について話しましょう。人間が食べるほとんどのナッツはローストされ、塩味が付けられていますが、健康に近いものはありません。この高い塩分は、既存の心臓病の犬に問題を引き起こす可能性があります。これは、犬に安全なナッツであっても、ナッツを完全に回避する理由になるかもしれません。

塩は体に水分を保持させ、 液体の蓄積を悪化させる 心不全の胸部と肺に。高塩分は、通常の犬にさえ問題を引き起こす可能性があります-彼らが十分な塩を食べると、彼らは塩中毒に苦しむ可能性があります。



ナッツ類も非常に脂肪が多いです。少量の「良い」脂肪は有益ですが、大量の場合は膵炎を引き起こす可能性があり、痛みを伴う嘔吐や食欲不振を引き起こし、解決までに数日間の入院が必要になることがよくあります。以前に膵炎にかかったことのある犬、または比較的脂肪の多い食事をしている犬(乾燥重量ベースで10%を超える脂肪のもの)のナッツは特に避けてください。

犬はアーモンドを食べることができますか?

アーモンド

アーモンドは食べ物の一つです あなたの犬は避けるべきです。彼らは犬にうまく消化されず、閉塞や腸の炎症を引き起こす可能性があります。高脂肪含有量はまた、痛みを伴う膵炎を引き起こす可能性があります。アーモンドを1つか2つ混ぜると、犬に害を及ぼすことはないと思われますが、可能な限りこれらのナッツを避ける価値はあります。

アーモンドは味付けされて風味付けされることが多いことを忘れないでください-フレーバーによっては、これもまたそれ自体に問題を引き起こす可能性があります。犬のアーモンドに餌を与えることには既知の利点がないため、リスクを回避し、それらを避けることが最善です。

犬はクルミを食べることができますか?

黒クルミ

クルミは避けるべきです。クルミの木のように、秋を歩くときは注意してください クルミをすぐに落とします。 人間は影響を受けていないようですが、犬はくるみを食べると嘔吐、下痢、さらには発作さえ起こすことがあります。クルミを食べる犬の約半数は、最終的に嘔吐を発症します。

しかし、本当の危険は、クルミが木の下の地面に横たわっているときにクルミに生える一般的なカビにあります。このカビは犬に有毒であり、振戦や発作を引き起こします。あなたの犬にナッツを与えるためのより良いオプションがあります-クルミを避け、散歩中に偶然1つか2つを落としたり、落としたりした場合は、それらに非常に注意してください。

犬はヒッコリーナッツを食べることができますか?

ヒッコリーナッツ

ヒッコリーナッツは犬にはお勧めできません。でも 犬ほど毒性はない 黒いクルミやマカダミアナッツのように、ヒッコリーナッツは塩分、脂肪、リン含有量が原因で問題を引き起こす可能性があり、犬に発作や振戦を引き起こす可能性がある振戦性マイコトキシンにもなりやすいです。

犬がヒッコリーナッツを盗む場合は、すぐに獣医に連れて行く必要はありませんが、問題がないかよく観察し、嘔吐、下痢に気づいたら、獣医に連絡する準備をしておくとよいでしょう。腹痛や振戦。

犬はマカダミアナッツを食べることができますか?

マカダミアナッツ

マカダミアナッツは犬に有毒です。マカダミアナッツを摂取すると、脱力感、ぐらつき、振戦、高温、嘔吐、下痢などが起こり、 あまり一般的でない兆候。兆候はマカダミアナッツを食べてから12時間以内に発生しますが、ありがたいことに24時間以上続くことはまれです。犬がマカダミアナッツを食べている場合は、獣医に相談することをお勧めします。

犬はペカンを食べることができますか?

ピーカン

ペカンとクルミは非常によく似ており、残念ながら犬にとっては、振戦や毒性を引き起こすカビもそう考えています。ペカンは 犬に有毒と考えられている これらのマイコトキシンの可能性が高いためです。それらは嘔吐、下痢、腹痛および振戦を引き起こします。犬がペカンを食べている場合は、24時間その犬に非常に注意を払う必要があります。そして、明らかに、わざとピーカンを犬に与えないでください。

あなたの犬が安全に食べることができるナッツ

これで、犬が食べてはいけないナッツがカバーされました。ナッツは残っていますか? 安全ですか? 答えはイエスです!あなたの犬が安全に食べることができるいくつかのナッツがあります。しかし、すべての食べ物と同様に、あなたの犬は適度にそれらを食べるべきです。以下のナッツは、他の犬に優しい人間の食べ物と一緒に、子犬のための素晴らしいおやつを作ることができます。人間 サツマイモのような食べ物オートミール、および ピーマンのような野菜 または 新鮮なズッキーニ すべてが素晴らしい子犬の御馳走を作ることができます。

子犬に有害な可能性のあるカビのリスクは常にあるため、常に 非常に慎重になる あなたの犬でナッツをテストするとき。犬が実際に異常または異常な行動を示す場合は、すぐに獣医に連絡することを常にお勧めします。

犬はピスタチオを食べることができますか?

ピスタチオ

あなたにとって素晴らしいニュース ピスタチオ愛好家 そこに-あなたの犬は数匹を飼うことができます(もちろんあなたがそれらを共有するために耐えることができるなら!)。それらは犬に有毒ではありませんが、他のナッツ類と同様に脂肪分が高く、特に犬がすでに脂肪食をしている場合や膵炎の既往がある場合は、回避するのが最善の場合があります。

ピスタチオには、トコフェロール、ルテイン、ゼアキサンチンなどの抗酸化物質が含まれています。 目の健康に有益 そして助けて がんから守ります。 ピスタチオを給餌する場合は、生のタイプを狙って給餌する必要があります。また、犬に与える前に殻を取り除く必要があります。

犬はピーナッツを食べることができますか?

ピーナッツ

ピーナッツは、人間が食べる最も一般的なナッツの1つです。これは、犬にとっても一般的なナッツの1つであることを意味します。とはいえ、ピーナッツは実際にはナッツではありません。それらは、豆や豆などの豆類の一種で、植物を「植える」 土壌中の種子 (したがって、「落花生」)。それにもかかわらず、彼らの食感と味のために、彼らは一般的にナッツ家族に数えられます。幸いなピーナッツは 犬にとって一般的に安全。ピーナッツバターは、トレーニングのおやつとして、またはコングスタイルのおもちゃを詰めるためによく使用されます。

ただし、犬のピーナッツに餌をやるときに注意することがいくつかあります。第一に、ピーナッツは他のナッツと同様に脂肪が多いです。犬に食べ過ぎる 膵炎を引き起こす可能性があります。第二に、ピーナッツは塩や他の香料でローストされることが多く、その多くは犬に問題を引き起こす可能性があります。

唐辛子の風味と塩に気をつけ、玉ねぎで何も避けます またはガーリックパウダーも。最後に、ピーナッツバターは通常犬にとって安全ですが、一部の企業は甘味料としてキシリトールを追加しているため、与える前に瓶を確認してください。適度に与えると、プレーンピーナッツとピーナッツバター 犬のための健康的な御馳走を作ることができます、他の必須ビタミンやミネラルの中でもビオチン、リン、マンガン、ナイアシンをたっぷりと含んでいます。

犬はカシューナッツを食べることができますか?

カシューナッツ

もちろん、カシューナッツは、犬が適度に安全に食べることができるナッツの1つです。彼らです 有毒であることは知られていない 犬に。ただし、脂肪が多いため、膵炎のリスクがあり、肥満につながる可能性もあります。ピーナッツのように、カシューナッツが塩味、味付け、または風味付けされている場合は注意が必要です。

これらのトッピングは犬に悪い場合があります。カシューは繊維が少なく、炭水化物が多く含まれています。犬の食事には理想的ではありませんが、たまに軽食としては問題ありません。犬がカシューナッツを食べているのを見つけても、慌てないでください。次の48時間、膵炎の兆候がないか注意してください。

犬がナッツを食べたらどうするか

犬がナッツを食べているのを見つけたら、バッグをざっと見てください。内容物にマカダミアナッツ、ヒッコリーナッツ、クルミ、またはピーカンが含まれている場合は、最寄りのオープン獣医に連絡する必要があります。すぐに次に何をすべきかアドバイスを受けます。他のナッツの種類の場合は、フレーバーの有無をパケットで確認する必要があります。

唐辛子、塩、ニンニク、タマネギに特に注意を払い、ナッツにこれらのいずれかが含まれている場合は獣医に連絡してください。そこでも問題がなければ、 パニックする必要はありません。 あなたの犬からナッツを取り、胃の不調の兆候がないか注意深く観察してください。あなたがする場合に固執するのと同じプロセスに固執する 子犬はグラハムクラッカーを食べました または マックとチーズ、彼らはグルテンを消化するのに問題がありますが。

脂肪の多い食品と膵炎

膵臓は胃の近くにある臓器です。インスリンと消化酵素を生成します。食事中の脂肪が多すぎると、膵臓が圧倒され、炎症を起こします。これは非常に痛いです-犬は通常大量に嘔吐し、数日間食べることを拒否します。

彼らは通常 入院と水分を必要とします、ならびに優れた疼痛管理。ナッツを食べた後の膵炎は、すでに高脂肪の食事をしている犬や、膵炎の病歴のある犬に多く見られます。

最終的な考え

要約すると、いくつかのナッツ、特にクルミ、ペカン、ヒッコリーナッツ、マカダミアナッツは犬に有毒です。そうは言っても、ほとんどのナッツは違います。ただし、 犬にとって健康であるという意味ではありません。ナッツは脂肪が多く、犬の膵炎を引き起こす可能性があります。犬は食事にナッツを必要としません。より多くの適切な場所からビタミンやミネラルを摂取できます。

注釈